地域の皆様へ、安心と信頼のサービスをご提供します  静岡東海証券株式会社

静岡東海証券
トップページ > 商品のご案内 > 外国債券
商品のご案内 外国債券

 外国債券とは  外国債券の特徴  リスクについて

MIDASHI2 外国債券とは

外国債券(外債)は、一般的には、「外貨建て債券」のことをいいます。
日本円でなく、米ドルや豪ドルといった外国の通貨で発行されている債券です。「日本よりも高い金利」、「為替相場が購入時よりも円安になれば、日本円での受取額が増える可能性」という『収益性』や、通貨別に投資することによって得られる『分散投資効果』などは外貨投資のメリットと言えます。外債の場合、「購入時に満期までの金利が確定している(外貨ベース)」ことも特徴です。
これ以外には、二重通貨建ての外債(利払い、償還のいずれかに2種類の通貨が使われる債券)や円貨建ての外債(サムライ債、ユーロ債)があります。
  
MIDASHI2 外国債券の特徴              

1.海外の高金利を享受
外債投資の最大の魅力は海外の高い金利を得られることです。
円建ての債券では日本の金利水準が適用され、米ドル建ての債券であればアメリカの金利水準が適用  されます。高金利で人気のブラジルレアル建て債券ならば金利水準が7~10%近くとなります。低金利が続く日本と比べて、その金利水準は桁違いです。
日本の金利水準が異常とも言える低さであることから、近年外債の人気が大いに高まっているひとつの要因となっています。


主要国の政策金利比較


2.円安時にメリット
外国債券は、為替変動の影響を受けます。
円安・レアル高になると、為替差益を享受できます。ただし、円高・レアル安になると、円建ての償還額・利息の合計額が投資元本を割り込む場合があります。



為替変動


債券から得られる収益には「利息収入」と「売却益」があります。


利息収入
定められた期間ごとに受け取る利息。満期までの金利は、購入時に外貨ベースで確定しています。

 売却益

購入代金と売却代金の差額。代金は(外貨単位×為替×債券単価)で計算されるため、債券単価が同じであれば、売却時に為替が円安になっていれば売却代金が増え、売却益が発生します。

 

「利息収入」、「売却益」を受取る際には、外貨を円に換えますので、円安時に円換算価値は上がります。円換算してみると為替水準しだいでは元本割れの可能性もあるので、そのリスク特性には十分注意が必要です。また、償還までの最終利回りと現在の売却益を比較し、検討することも必要となります。


3.分散投資効果が高い

一般的に、株式と債券は異なる値動きをすると言われます。

ポートフォリオを株式だけで組むよりも、債券など値動きの異なる複数の金融資産に振り分けることで、全体のリスクを下げながら、より安定した収益を目指すことができます。


中長期的に優れたリターンを実現するためには特定地域の資産への投資に集中しないことが運用の鉄則と言われています。


運用方法メ リ ッ トリ ス クインフレヘッジデフレヘッジ通貨の分散
投資効果
国内株式 値上がり益
 配当収入
 値下がり××
国内債券 値上がり益
 利子収入
 値下がり××
海外株式 値上がり益
 配当収入
 円安時
 値下がり
 円高時
×
海外債券 値上がり益
 利子収入
 円安時
 インフレに弱い
 円高時
×
  


4.発行体の格付けも重要

外債投資において、発行体は重要な投資判断のひとつです。
発行体の信用力を調べる際には、第三者の評価機関が発行体の財務内容などを評価し、ランク付けをおこなう「格付け」が参考になります。
R&Iを例にすると、格付けは「AAA(トリプルエー)」が最高で、「AA(ダブルエー)」、「A(シングルエー)」、「BBB(トリプルビー)」といった順に信用力が低くなっていきます。
一般的に格付けが高いほど、元本の返済や利払いの確実性が高いといえます。

ページトップへ

MIDASHI2 リスクについて

価格変動リスク
途中売却の場合には、売却時の債券市況や金利水準等により、債券の売却価格が変動し、外貨ベースの買付価格を下回ることもあります。
発行者の信用リスク

発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、元本や利息の支払能力(信用度)が変化し、損失を被ることがあります。

為替リスク
為替相場の変動により、円によるお受取り金額は増減し、損失を被ることがあります。

カントリーリスク
外貨建て債券のため、通貨当事国の政治情勢等の影響を受け、損失を被ることがあります。

流動性リスク
流動性や市場性の乏しいものについては、償還前の売却が困難であり、このことが売却価格に悪影響を及ぼす恐れがあります。

費用について

外貨建て債券を当社との相対取引により購入する場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。なお、外国債券のご購入・償還・途中売却時及び利金お支払時には為替手数料(スプレッド)がかかります。  


詳細は、お近くの営業店窓口までお問合せ下さい。店舗案内


 お客様本位の業務運営を実現するための方針
PDF個人情報保護宣言
お客様の個人情報の利用目的
個人情報の主な取得元および外部委託している主な業務について
PDF最良執行方針
PDF勧誘方針
PDF利益相反管理方針
PDF反社会的勢力に対する基本方針
PDF募集等に係る株券等の顧客への配分に係る
基本方針

 契約締結前書面 
ダウンロードPDFファイルを開くにはAcrobat Readerが必要です。左のボタンより無料でダウンロードできます。
  
ページトップへ戻る
静岡東海証券株式会社
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第8号
加入協会 日本証券業協会

〒420-0064 静岡市葵区本通一丁目2番地の13